スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客人

小鳥がついばんだのか

お花のついたまま落ちていた桜

ポストに舞い込んだ嬉しい絵葉書のように

そっと手を伸ばす

20160330092239757.jpeg

ポケットの中で散ってしまっていたけれど

大切に思いながら 持って帰った

2016033009223933e.jpeg

我が家へようこそ

小さな小さな お客さま




今日も楽しい一日になりますように

 短夜




ワンシーン

冬の忘れもの

お漬物樽の底に残っていた 赤蕪

20160328164357dd9.jpeg

お水に漬けて

ゆっくりゆっくりけだし

赤蕪と 真っ白なお米

なんてことないものだけど


すれ違った人に

はっとして 振り向くように


調理台の上の一コマにも

目を奪われることがある


この時だけの 一瞬の

出会い


お台所でも

それは

同じこと



。。。。。。。


桜に会いに行きましょうよ

新しい桜に


なくなってしまった桜 

振り向いて探すより


新しい桜の中に芽生えている

消えたはずの命を


探しに行きませんか

会いに行きましょうよ


温かな息を感じに

出かけませんか


。。。。。。。


掬い取るために

見つめる

そのやさしい眼差しが目に浮かびそうです


。。。。。。。

ありがとう

 短夜




手に掬い取る時間

時間の流れを遅く感じる時

何かで埋めたくなる


時間潰し

暇潰し

20160327060411ff1.jpeg

一杯のお茶をゆっくり淹れてみる

20160327060411413.jpeg

温かさ

ふくよかな香り

体の隅々にまで 行き渡る


そして

時間というものは

潰すためにあるものではなかったと

気づく

20160327060411ec3.jpeg

小さく深呼吸


今日もよい一日でありますように


。。。。。。。


お便りを本当にありがとうございます。

私も みなさまを応援しています。

どんな時も。

喜びと 親しみを込めて。


 短夜




桜色

枝垂れ桜 山桜が咲いている

毎朝 ごはんも食べずに 真っ先に桜に会いに行く

桜に満たされる


桜に恋する季節

この時期は 口にするものは少しでいい



小さな葡萄パンと 甘平

2016032514192242b.jpeg

たくさんの鍵

閉めていた扉

パタン

パタン

パタン

次々 開け放つ

桜色の風を入れれば

また 動き出す


眩しさに 目を細めながら

一緒に起き出す


はいた息

吸いこんだ息

広がってゆく

周りじゅうに




。。。。。。。

お便りをありがとうございました。

お便りは 一つの鍵。

どんな錆びついた鍵穴だって へっちゃらの やさしく頼もしい鍵。



大切に読ませていただきました。

本当にありがとう。。。 短夜




菫 咲く

管理人さえ 訪れなくなってしまった こんな場所に

まだ 足を伸ばして下さっている方は おられるのかしら

201603240825042bc.jpg


去年の夏 お茄子や胡瓜を植えていた所に

菫のお花が たくさん咲きました


何もないように 何も無くなったように 思っていたのに

知らない所で 気づかない所で

何かが 守り温めていてくれた





そんな小さなことが 嬉しい季節

また 今年も 春が来た




菫より濃きものはなし草の宿  青邨




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。